大笑い健康プログラム ヨガ

800x120_yoga_01.jpg

Dr.M..カタリア

プロフィール

インド人医師。ムンバイで開業医をするかたわら、健康雑誌の編集に携わっていた1995年、笑いが健康に良いという論文がたくさん出されていることを知るが、笑いを実践する人が少ないことに気づく。
健康に効果がある笑いの実践方法としての笑いヨガを創案し、現在は、世界中で普及活動を行なっている。

ラフターヨガ・インターナショナルホームぺージ

カタリアプロfフィール写真.JPG

高田 佳子

プロフィール

日本笑いヨガ協会代表。世界共通語である笑いのコミュニケーション力や高齢者の笑いに関心があり、2009年1月、インドで笑いヨガティ‐チャ‐資格を取得後、
日本笑いヨガ協会を設立し、全国で笑いヨガの普及に努めている。老年学修士。日本笑い学会会員。

日本笑いヨガ協会ホームページ

高田プロフィール.jpg

笑いヨガとは
笑いヨガは、誰でもできる「笑い」を活用した健康法です。ユーモアや冗談・コメディは使いません。最初は体操として笑うのですが、皆で集まって笑っているうちに、無理なく笑えるようになります。ヨガの呼吸法と笑いの体操を組み合わせているところから「笑いヨガ」という名前がついています。体内に酸素がたっぷりと取り入れられるので、短時間でも続けると、健康と活力が実感できるようになります。
笑いヨガは、体操として笑っても、おかしいと感じて笑っても、健康効果は同じであるという科学的根拠に基づいた方法です。
1995年インド人医師カタリア氏とヨガ講師の妻が近隣の公園で始めたのですが、2010年3月現在65カ国以上に広まっています。
このDVDで笑いヨガを行うにあたって
本来は、DVDにあるようにグループでやることによって楽しくなって自然に笑えるのが笑いヨガです。しかし、DVDを観ながら一人で笑っても効果は同じですから、テレビモニターの前でチャレンジしてみてください。
笑いヨガは楽しみながら行うことのできる健康的な運動ですが、他の有酸素運動と同様、健康上不安がある場合、医師に相談してください。笑いヨガは、身体、精神、心理的な疾病に対しての代替治療ではありません。すべての人に適しているとは限りません。また、笑うことは、身体の緊張や、腹部への圧迫を伴う行為ですので、多量に出血がある痔 ・高血圧 ・ヘルニア・尿失禁 ・長引く咳 ・てんかん・重篤な腰痛 ・心臓病・3ヶ月以内に手術をした方・精神疾患のある方は医師と相談してから行ってください。
DVD 第1笑収録 グループエクササイズ 【からだ篇】
笑いは有酸素運動です。
10分笑えば30分運動をしたのと同じ効果があります。

Yoga_Illust_001.jpgイラスト:中村晃子

収録内容
・笑いヨガの4つのステップ:手拍子・深呼吸・子どもに返るおまじない・笑いエクササイズ
・笑いエクササイズ:あいさつ、電気ショック、ミルクセーキ、請求書、ライオン、口論、ただ笑う
・創案者Dr.カタリアのインタビュー(翻訳:伊東晴子 声の吹替え:本間健太郎) 
 笑いヨガの健康効果について、Drカタリアのお話で知っていただくとともに、インドから始まり世界中で行われている笑いヨガの代表的なエクササイズを一緒に楽しんでいただきたいと思います。この第1笑では、笑いヨガが、健康な生活のためにとても効果が高い方法であることを、お伝えしていきたいと思います。
 笑いヨガは、運動が苦手な人でも体力がない人でも笑いたいと感じている人なら誰でもできる運動です。運動経験がない、中々時間が取れない、足腰が弱いといいった理由で運動をする自信のない方や体が固い人にも簡単にできる運動です。
 DVDにあわせて一緒に笑っていただくと、「笑い」はとても良い運動になることが、実感していただけます。年齢や運動経験に関係なく誰でもができるので、ぜひ毎日続けてみてください。

DVD 第2笑収録 グループエクササイズ 【メンタル篇】
笑いはからだがスッキリするだけでなく気分もすっきりします。

Yoga_Illust_002.jpgイラスト:中村晃子

収録内容
・笑いヨガの4つのステップ:手拍子・深呼吸・子どもに返るおまじない・笑いエクササイズ
・笑いエクササイズ:あいさつ、メンタルフロス、空飛ぶ(鳥)、カルカッタ、アロハ、王侯貴族、1メートル、請求書、一文無し、笑いの美容液、口論、許し、自分を笑う
・創案者Dr.カタリアのインタビュー(翻訳:伊東晴子 声の吹替え:本間健太郎)
 笑うことが健康に良いとわかっていても、笑うチャンスは生活環境に左右されます。また、笑う気になれないことも多いのがストレス社会の現状です。第2笑では、笑えないときこそ笑ってしまうことの大切さをお伝えいたします。
 笑いヨガは、ユーモアもおかしさも必要ありません。体操として笑ってみるのです。すると、まずは体が変化してきます。体が変化すると、気分も変化し、なんとなくからだもこころも軽くなってポカポカしてきます。
 笑いたくない気分の時こそ笑いましょう。疲れた時、悲しい時、辛い時、さみしい時、笑いヨガを試してください。心もからだもスッキリします。また、行き詰まりを感じたり、腹立たしい時、困ったときも笑いヨガです。気分がリフレッシュすると、新しいアイデアがわいてくるかも知れません。DVDにあわせて一緒に笑ってみてください。
DVD 第3笑収録 一人でできる笑いの体操
毎日笑うために、一人でもできる方法をお教えします。

Yoga_Illust_003.jpgイラスト:中村晃子

収録内容
・笑いエクササイズ:カルカッタ、オペラスター、母音誘導、沈黙、1メートル、アロハ、膝抱え
・創案者Dr.カタリアのインタビュー(翻訳:伊東晴子 声の吹替え:本間健太郎) 
 笑いの健康効果を得るためには、毎日タップリ笑うことが大切です。お友だちや家族と一緒に笑いヨガができれば一番いいのですが、すぐには仲間が見つけられないかも知れません。第3笑はDVDを観ながら一人でやるための方法です。
 毎日無理をせず続けられることが大切ですが、何もないのに笑うのは難しいかも知れません。体操なのだと理解し、やってみましょう。
笑うと、体の中のよどんだ空気をたくさんはける腹式呼吸が自然にできます。第3笑には、笑いの体操に加え、呼吸法も入っていますので、これを続けることで、さらに笑いの効果が実感できるでしょう。
できれば、朝一番が一番効果が高いのですが、午後でも夜でもだいじょうぶです。無理をせず、自分自身の笑いの習慣をつくってみましょう。


DVDowarai_01.jpg


DVDowarai_02.jpg


DVDowarai_03.jpg